投稿者「admin」のアーカイブ

トイレのつまりの予防法

Published / by admin

頻繁にある事ではないですが、起こってしまうと、とても困るのがトイレのつまりです。原因は様々な事が考えられますが、普段からトイレットペーパー以外のものを流さないように気をつけ、掃除を怠らない事が大切です。ここでは、トイレのつまりの予防法をご紹介します。まず、基本的な事として一度に大量のトイレットペーパーを流さない、また、トイレットペーパーや排泄物の量が多くなりそうな場合は、何度かにわけて流すようにします。トイレの排水管は直線ではなく、カーブしています。一度に流そうとするとカーブで引っかかる可能性があるので、少しずつ流すように心掛けます。

トイレつまりポータルサイト『水漏れカイケツくん』にも記載があるように、排泄物を流す水量不足も考えられます。節水を意識してタンクにペットボトルなどを入れておくと、タンク内の水は少なくなります。排泄物やトイレットペーパーを流す際は、ある程度の水量が必要です。水量が少ないとスムーズに流れなくなり、つまる原因にもなりますし、タンクの破損や故障を引き起こす可能性もありますので、タンク内に物を入れるのは控えましょう。

また、尿石や長年の汚れが蓄積されると排水管の劣化を早めてしまう為、こまめに掃除をしたり、排水管内を綺麗にしてくれる洗浄剤などを定期的に入れる事をお勧めします。トイレは消耗品ですから、当然劣化します。しかし、使用する上で基本的な事をきちんと守り、日々、トイレ掃除を行う事でトイレの劣化を防ぎ、つまりの原因は解消されるのです。

トイレのつまりの対処法

Published / by admin

トイレがつまってしまった時、自分で対処出来る場合もあります。しかしつまったものや、状況によってはやはり、専門業者に頼む事が賢明です。ここでは、トイレのつまりの対処法についてご説明します。

まず、自分で行う方法として一般的なのが、ラバーカップの使用です。初めにビニールシートの真ん中に穴を開け、その穴にラバーカップの柄を通します。そして、周囲に水が跳ねないように、柄を通したままそのビニールシートで便器を覆います。排水溝にラバーカップをゆっくり押し当て、勢いよく引きます。これを、水が流れるまで続けます。水が流れたらバケツで水を流し、流れるかどうか確認します、問題無く流れた場合、つまりは解消となります。この時、バケツではなくタンクの水を流してしまうとつまりが解消されてなかった場合あふれてしまう恐れがあるので、バケツに水を汲んでそれを流すようにします。それでも流れない場合は、排水管内に水に溶けない異物が残っていたり、長年、使用した事で排水管内に段差が生じたり、勾配が変化しているなど、排水管内が流れにくい状態になっている事が考えられますので、専門業者に依頼しましょう。

異物を流す他にもつまる原因は様々な事が考えられる為、普段から道具は準備し、備える事が大切です。

トイレのつまりの原因

Published / by admin

水回りのトラブルで多いのが、トイレのつまりです。普段から頻繁に使用するものなので、トイレが詰まってしまうと非常に困ります。ここでは、トイレが詰まる原因についてご説明します。

トイレのつまりの原因としてまず挙げられるのが、異物です。小さい子供がいる家庭では子供がおもちゃなどを流してしまう事もある為、特に注意が必要です。また、ポケットに物を入れたままにし、気付かないうちにトイレに落ちてそのまま流してしまい、つまってしまう事があります。また、ティッシュペーパーはトイレットペーパーのように水に溶けない為、トイレに流すとつまりの原因となります。そして、最も多いとされるのが、一度に大量のトイレットペーパーを流してしまい、つまりを起こす事です。こちらも子供がいる家庭では、子供がふざけて大量に流してしまう事がありますので注が必要です。その他にも、トイレクリーナーやオムツ、生理用品などを流す事がトイレのつまりの原因と考えられます。

このように、トイレットペーパー以外のものを流す事で、トイレのつまりが発生します。また、尿石や長年蓄積された汚れなどでゼット孔のつまるなどの排水不良も考えられます。日々の掃除をきちんとし、トイレットペーパー以外のものは流さないようよう心掛ける事が大切です。

水回りのトラブル

Published / by admin

水回りのトラブルは生活する上で非常に厄介なトラブルであり、日常生活に不便をきたす為、迅速に対応する必要があります。ここでは、水回りのトラブルについてご紹介します。

水回りのトラブルには、まず、洗濯機まわりで多く起こる排水溝のつまりや蛇口につながるホースの水漏れです。排水溝のつまりは主に糸くずやほこり、洗剤のかす、皮脂などがヘドロ状となってホースや排水溝にたまってしまい、つまりの原因になるのです。ホースの水漏れは、ホースが劣化して穴が開いてしまったり、洗濯機がホースを踏んで潰してしまう事が挙げられます。このような事を防ぐ為にも、ホースは定期的に交換するようにしましょう。次に、キッチンの水漏れです。少量の水がポタポタと水が止まらない場合は、パッキンに劣化や傷みがあると考えられます。蛇口が折れてしまったり、配管が破裂したり、突然水が噴き出すような水漏れが起きたらまず、元栓を閉めて下さい。自分で対処せず、早急に専門業者に依頼しましょう。そして、トイレです。トイレのつまりにも様々な原因が挙げられますが、主に固形のものなどの水に溶けない物、大量のトイレットペーパーを一度に流す事などが理由でつまりが起きます。トイレの構造も複雑な為、自分で対応しきれない場合は、専門業者に依頼しましょう。

水回りのトラブルは放っておくと、日常生活が満足に送れなくなってしまいます。無理に自分で直そうとせず、専門業者に依頼する方が賢明です。