トイレのつまりの対処法

トイレがつまってしまった時、自分で対処出来る場合もあります。しかしつまったものや、状況によってはやはり、専門業者に頼む事が賢明です。ここでは、トイレのつまりの対処法についてご説明します。

まず、自分で行う方法として一般的なのが、ラバーカップの使用です。初めにビニールシートの真ん中に穴を開け、その穴にラバーカップの柄を通します。そして、周囲に水が跳ねないように、柄を通したままそのビニールシートで便器を覆います。排水溝にラバーカップをゆっくり押し当て、勢いよく引きます。これを、水が流れるまで続けます。水が流れたらバケツで水を流し、流れるかどうか確認します、問題無く流れた場合、つまりは解消となります。この時、バケツではなくタンクの水を流してしまうとつまりが解消されてなかった場合あふれてしまう恐れがあるので、バケツに水を汲んでそれを流すようにします。それでも流れない場合は、排水管内に水に溶けない異物が残っていたり、長年、使用した事で排水管内に段差が生じたり、勾配が変化しているなど、排水管内が流れにくい状態になっている事が考えられますので、専門業者に依頼しましょう。

異物を流す他にもつまる原因は様々な事が考えられる為、普段から道具は準備し、備える事が大切です。