トイレのつまりの予防法

頻繁にある事ではないですが、起こってしまうと、とても困るのがトイレのつまりです。原因は様々な事が考えられますが、普段からトイレットペーパー以外のものを流さないように気をつけ、掃除を怠らない事が大切です。ここでは、トイレのつまりの予防法をご紹介します。まず、基本的な事として一度に大量のトイレットペーパーを流さない、また、トイレットペーパーや排泄物の量が多くなりそうな場合は、何度かにわけて流すようにします。トイレの排水管は直線ではなく、カーブしています。一度に流そうとするとカーブで引っかかる可能性があるので、少しずつ流すように心掛けます。

トイレつまりポータルサイト『水漏れカイケツくん』にも記載があるように、排泄物を流す水量不足も考えられます。節水を意識してタンクにペットボトルなどを入れておくと、タンク内の水は少なくなります。排泄物やトイレットペーパーを流す際は、ある程度の水量が必要です。水量が少ないとスムーズに流れなくなり、つまる原因にもなりますし、タンクの破損や故障を引き起こす可能性もありますので、タンク内に物を入れるのは控えましょう。

また、尿石や長年の汚れが蓄積されると排水管の劣化を早めてしまう為、こまめに掃除をしたり、排水管内を綺麗にしてくれる洗浄剤などを定期的に入れる事をお勧めします。トイレは消耗品ですから、当然劣化します。しかし、使用する上で基本的な事をきちんと守り、日々、トイレ掃除を行う事でトイレの劣化を防ぎ、つまりの原因は解消されるのです。